もっと素敵に太陽光発電 太陽光発電を楽しもう

太陽光発電のさまざまなメーカーを比較

太陽光発電にはさまざまなメーカーが参加しています。
太陽光発電の累計生産高が世界一のシャープはとても古くから参入している実績のあるメーカーです。
世界各国で実績があり、過酷な条件下での太陽電池の設置なども行っているため、複雑な形状の屋根、環境での設置も可能という頼もしいメーカーです。
設置後のサービスも良質でウェブや携帯を通していつでもシステムの状態をチェックできるのも魅力です。
京セラは1975年に太陽電池の研究を茶駆使して1982年に世界に先駆けて現在の主流である多結晶シリコン太陽電池の量産化に成功しました。
そして日本で初めて住宅用の太陽光発電システムを販売開始したのは京セラなのです。
屋根夷を効率よく搭載して軽量化した製品などが好評です。
パナソニック電工の住宅用太陽光発電モジュールは世界最高水準です。
モジュール変換率17.9%を実現しました。
半導体に工夫をし不純物の少ない物質で挟み込みこう変換効率を実現した高い技術力が魅力です。
注目は配線工事なしで設置できるワイヤレスエネルギーモニターは場所を選ばずに既築住宅にも簡単に設置できます。
三菱電機は従来の多結晶シリーズのほかに変換効率の良い単結晶太陽電池モジュールを投入しました。
最大出力200Wで都市部の住宅でもたくさんの発電量が確保できるのが特徴です。
さらに屋根にピッタリと設置できるさまざまな形の正方形、台形などのモジュールも魅力です。
家庭のテレビ画面で発電量のチェックもできるので家族ぐるみで省エネに関心を持てます。
ホンダソルテックは従来のシリコン結晶形でなく独自に開発したCIGS薄膜の太陽電池を採用しています。
発電層は2から3マイクロメートルという薄さです。
その構造から一部に影ができても大きく電圧低下を起こすことがありません。
そのため曇りの日でも優れた発電量を維持できるのが最大の特徴です。
曇りの日や雨の日が多い地域でも有効活用できるのです。